«

»

食品衛生法

食品添加物は、法律で食品に加えられることが許されている添加物のことを指します。

もちろん、中には天然素材で応用できる添加物も存在しますが、多くの食品添加物が人工的に作り出されている化学物質です。

そもそも、この食品添加物は食品衛生法という法律により定義されているものです。この法律の中では、食品添加物の定義以外にも様々なことが定められていることで知られています。

たとえば、食品添加物の基準自体がこの法律によって定められたものです。使用方法や製造におけるルール、保存する場合のやり方やその成分の詳細においてまで、厳しく決められています。指定された食品添加物以外を使用することはもちろん、販売や製造、輸入なども合わせて禁じられています。

さらに、食品添加物を使用した食品の表示についても取り決めがなされています。これは、特定の添加物を使用しているのにさも使用していないかのように記載をしたりするような悪質なトラブルを避けるためです。近年においてはこのような食品表示の規定はより厳しくなってきていますので、多くの企業がそれを守って適切な表示を作っています。

ですので、食品を選ぶ際には是非とも表示を参考にしてみるべきでしょう。

そこに書かれている食品添加物のデータを見れば、体に与える影響がある程度予測できます。