«

»

食品添加物の『ポジティブリスト』とは

食品添加物の規定を細かく定めている食品衛生法の中には、『食品添加物の指定制度』というものがあります。これは、日本で使用しても良いと認められている食品添加物をそれぞれ細かく指定しておき、そこに該当しない添加物を食品に使用することを禁止しているというものです。

使用してもよい食品添加物のリストを作って公開したのは日本が最初と言われており、この方法を『ポジティブリスト方式』とも呼んでいます。日本発のこの方式は、今では先進国のほとんどが使用するまでに普及しています。

ちなみに、食品添加物は人工的に作られた化学物質だけを指すのではありません。なかには通常、食品として普通に食べているものを食品添加物として使用しているケースもあります。このように食品添加物としても使える食品は、製造過程においては食品添加物と同類に扱われます。

たとえば、食材を黄色くするために使われることもあるウコンは、スパイスとしても使用されるものです。食材としてもウコンは使うことができるものですが、食品添加物として使用する場合には食品の表示には食品添加物の“ウコン”として表されることになるでしょう。ポジティブリストには、このような食品兼食品添加物であるものも掲載されているそうです。