«

»

食パンに含まれる食品添加物 『乳化剤』『イーストフード』

最近では、ご飯ではなくパンを食べる家庭も増えました。気軽に食べることができますし、炊飯をするよりも時間がかけずに食べられるのもメリットのひとつかもしれません。

その一方で、食パンは化学物質が多く入った食品添加物まみれの食べ物であるという意見を耳にしたことがあります。でなければあんなに長持ちするはずがないというのがその主張のようですが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

食パンに限らず、多くのパンに使われている添加物が『乳化剤』です。

パンにおいては、そのふわふわとした食感を表現するために加えられている食品添加物です。これは一括名表示になるため、具体的にどんな成分が使われているかはわかりにくいものです。

また、もうひとつ大きな働きを持っているのが『イーストフード』です。その名の通り、パン生地を発行させる役割を持つイーストの栄養源としての役割を持っています。

ここで注意したいのが、イーストフードに臭酢酸カリウムが使用されていないかを確認すべきだということです。これは発がん性物質である可能性があるそうです。その事実が判明してからはビタミンCで代用する企業も増えました。

万が一、この臭素酸カリウムが使用されている場合には、パンをトーストにして食べてみましょう。加熱をすると無害になる物質とされているそうです。

上記の点から考えて、安全な食パンを選びたいならできるだけ乳化剤を使用していないものを選び、念のためトーストして食べるべきでしょう。