«

»

低カロリー甘味料に含まれる食品添加物 『アステルパーム』『エリスリトール』

肥満体質の方が注目している食品の一つに、低カロリーの甘味料があります。

砂糖のように甘いのに、カロリーが低いので糖尿病や肥満症の方に向いた食品として販売されています。ダイエットの目的で、このような低カロリー甘味料を選ぶ人も多いそうです。

低カロリー甘味料に含まれている食品添加物は、『エリスリトール』が主成分です。このエリスリトールは消化されにくいという性質があります。たくさんの量を摂取すると、下痢を起こす可能性もあるでしょう。ただし、これは一過性のものですのでそこまで心配することはありません。

ただし、エリスリトールは砂糖よりも甘味度が低いため、これに『アステルパーム』が加えられていることが多いとされています。このアステルパームはかなり危険な添加物だと言われています。妊娠している方が利用した場合には、その胎児がフェニルケトン尿症を発症する可能性があるそうです。この病気は精神遅滞を引き起こすかもしれない恐ろしい病気です。生まれてくる子供に悪影響があるかもしれない添加物は、なるべく摂取しないに限ります。

カロリー制限をする必要がある人以外は、普通の砂糖を使用したほうがよいかもしれません。ダイエットをしたい人は、フルーツなども利用して砂糖を取りたい気持ちを抑えてみるべきでしょう。