«

»

かまぼこ・ちくわに含まれる食品添加物 『保存料』『結着剤』

魚介類の加工製品の王道といえば、かまぼこやちくわです。

魚肉に塩を加えてすりつぶし、形成・加熱した製品であり、いわゆる“練り物”です。

かまぼこは白身の魚を使用して、デンプンや調味料を練り込み蒸したものです。ちくわについては、同じくすり身状の魚肉を棒に巻きつけて加熱して、後から棒を抜いたことでああいう形状になっています。味に大きな違いがないようにも思うかもしれませんが、魚肉の原料によって添加物の内容は大きく左右されます。

イメージで、ああいう形状を人工的に作り出しているのだから添加物が非常に多いのではと考える方もいるかもしれません。ですが、近年では添加物の安全性を見直すべきだという声が高くなり、危険な添加物は避けられるようになりました。

それでも避けたほうがいいとされる添加物は、『保存料』と『結着剤』です。

『保存料』のソルビン酸Kは、発がん性物質、かつ変異原性のある物質に変化する可能性を秘めた添加物です。また風味や色を良くして保存が効きやすくする『結着剤』のリン酸塩という成分においてはカルシウムを吸収しにくくして、骨粗鬆症の原因になるとされています。

これ以外にも、甘みを上げてしっとりとした食感を作り出す『ソルビット』は腹痛・下痢を起こす原因となりがちであり、『調味料』としてよく使用されるL-グルタミン酸ナトリウムは摂取しすぎると体のしびれや頭痛の原因となります。

ちなみにこのような成分は、お湯を通すとだいぶ洗い流されるといいます。気になる方は湯がいてから調理してもいいかもしれません。そのお湯を別の料理に使用しないようにしましょう。