«

»

ハム・ソーセージに使用される食品添加物 『保存料』『発色剤』

肉の加工食品で添加物が多く使用されているものといえば、やはりハムとソーセージではないでしょうか。たとえば、ロースハムには『保存料』や『発色料』といった添加物が使用されています。

『保存料』には、ソルビン酸という成分が使用されていることが多いようです。これはソルビン酸カリウムとも言われ、肉が簡単に腐らないようにするために使われます。亜硝酸と一緒に体内に取り込んでしまうと、発がん性物質に変わる可能性があるとされているものです。

また、肉の見た目をよくする働きの『発色剤』では、それこそ亜硝酸ナトリウムが使われています。これは単品でも発がん性物質に変わる危険性を秘めた添加物と言われています。

これ以外にも、肉の色合いを美しく明るくするための『カルミン酸色素』という添加物もあります。こちらも、遺伝子に傷がつく変異原性の原因となる可能性を秘めているのだそうです。ちなみにエンジムシを由来とする赤色色素として有名であり、コチニールという名前でも呼ばれています。

これらの食品添加物は、ソ-セージにも共通しているものです。

それでもハムやソーセージを食べたいという人は、JAS規格の中でも一番上の「特級」を選んでみましょう。このランクの加工食品になると、結着材料を使用していないそうです。

また、「無塩せき」という表示がされている商品については『発色剤』やその他の添加物においても使用していないとされています。