«

»

漬物に含まれる食品添加物 『着色料』

添加物が多く含まれているとされる食品は数多くありますが、代表的な食べ物として上げられるのが漬物でしょう。たとえば、国民食であるカレーライス。このカレーライスに添えられた福神漬は食卓に欠かせないものですが、明るすぎる色合いにスプーンが引っ込んでしまう人もいるようです。

漬物は、食塩・醤油・酢・味噌など多くの調味料が豊富に使用されています。

栄養はある食品ではありますが、含まれている栄養素には偏りがありますので摂取する際には注意が必要になるでしょう。

福神漬けに使用されている添加物でも大問題なのが『着色料』。この多くに「赤102」「赤106」「黄4」などが使用されています。これらはタール系色素と呼ばれている添加物です。

タール系色素ほど評判が悪い食品添加物は他に類を見ないでしょう。多くの企業が既に使用しないようにしていますが、コスト削減のためにこのような着色料を使用し続けているところもあるようです。発がん性の危険性、および変異原性の可能性もある添加物となっており、国外の先進国の中には厳しくこの添加物を取り締まり、食品業界から締め出しているところもあるそうです。

安全な漬物を食べたいということであれば、着色料をなるべく使用していないもの、もしくは比較的安全とされる着色料を使用しているところを選ぶべきでしょう。

浅漬けのような自然な色合いのものでも、着色料を使用している企業は多いものです。

『保存料』などについても気を配りましょう。一番安全なのは、家庭で手作りすることです。