»

食品添加物ってどんなもの?

私たちが口にしている食べ物のほとんどに含まれている「食品添加物」。

多くの人が耳にしたことがある単語でしょうが、実際に食品添加物がどのようなもので、どんな影響を体に及ぼしているのかを知っている人はそこまで多くないかもしれません。

食品衛生法という法律では、食品添加物を「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保有の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によつて使用する物」と定義しています。

本来は、人の体に大きく影響を与える食品に化学物質を加えることは、法律で禁止されています。体に悪影響を与えてしまうこともあるからでしょう。ですが、食品添加物に限り合法的に食べ物に加えることができます。

もちろん、その働きはひとくくりにできるものではありません。食品添加物は、それぞれの働きによって使い分けられています。

たとえば、食品を作る工程で必要になる添加物もあります。

パンやケーキを膨らませるための『膨張剤』、ラーメンなどの麺の縮れを出す『かんすい』、粘り気を出す“つなぎ”として使われる『増粘剤』などがそれに当たります。

また、食品が長持ちしたり、質が下がらないようにするための添加物もあるでしょう。

これは『保存料』や『防カビ剤』、『酸化防止剤』など、腐敗やカビなどを防ぐ役割を持っています。

さらに、栄養を高める目的で加えられる食品添加物も存在します。

『カルシウム』『ビタミン』『鉄』などが加えられた食べ物などは、目にしたことがあるでしょう。

これ以外にも、食品の見た目をよくするためにも食品添加物は使われています。