«

»

有名な食品添加物とその役割を知っておこう 保存料・甘味料・着色料・発色剤とは

食品を購入する際に、裏面に記載された表示について確認するクセをつけている方も多いかもしれません。しかし、食品添加物について知っていても、その役割について詳細に把握することはなかなか難しいもの。

ですが、多くの食品に共通して使われている代表的な添加物はそうたくさんあるものではありません。多くの食品に使われているメジャーな食品添加物についてその役割を知っておくことが、何が安全で何が危険なのかを知るための最初のステップになるでしょう。

まずは、最もメジャーな『保存料』です。食材が腐りにくくなるように使用される保存料は、多くの食品に使われている添加物です。コンビニで売られているおにぎりやパン、デザーとの殆どに使われていることでしょう。

また、お菓子が好きな人ならば必ず口にしたことがあるだろう添加物が『甘味料』です。これはカロリーを低くするために砂糖の量を減らして代わりに使われるものです。ジュースやお菓子などに使われることが多いとされています。

そして、同じく有名なのが『着色料』でしょう。これは食材に色を付け、食欲をそそるために使われます。たとえばイチゴ味のお菓子には赤い着色料を使って食品をそのイメージに近付けています。

ハムやソーセージなどに使われているのが『発色剤』です。肉は基本的に時間が経つと変色して黒ずんだ色になりますが、実際に食べ物の色が変わると味に変化がなくとも気にする消費者がいます。それを避けるために、発色剤で時間が経っても色が変わらないようにしているのです。